美容外科・美容皮膚科・形成外科・医療レーザー脱毛など金沢中央クリニックにお任せください

金沢中央クリニック

JR金沢駅 金沢港口(旧:西口)より徒歩2分 アクセスはコチラ>>

埋没法

二重まぶた・埋没法

ナチュラルクイック埋没法とは?

ナチュラルクイック埋没法とは、髪の毛よりも細い医療用の特殊な糸を使用し、瞼板という軟骨組織に糸を結びつけて二重を形成する治療法です。

上瞼の内側から外側に作りたい二重の線に沿って数カ所糸を埋め込み、皮膚に埋没させることで二重が形成されます。手術時間は約10分と短時間で、メスを使用しませんので傷跡が残る心配がなく、術後の腫れや皮下出血が少ないため人気の高いプチ整形です。翌日より洗顔・メイクなどが可能ですのでお忙しい方にもお勧めです。

二重まぶたの形について

奥二重 末広型 平行型
二重の幅が狭く二重の部分が瞼の奥に隠れた状態。スッキリ・キリッとした印象に 日本人に似合うとされ、目頭から目尻にかけて二重の幅が広がる形。自然で可愛らしい印象に 目頭から目尻にかけて二重の幅が一定な形。目元がくっきり・大きくパッチリとした印象に

埋没法の種類

瞼板法
※当院おすすめ
挙筋法

瞼板という軟骨部分に皮膚から糸を結びつけて二重にする方法。

上瞼を上げる筋肉に皮膚から糸を結びつけて二重を作る方法。

埋没法の糸を通す場所は、大きく分けると瞼板法と挙筋法の2通りがあります。
挙筋法は瞼板法に比べ術後の腫れが出やすく、埋没の糸が取れやすいといわれています。また、将来に眼瞼下垂になりやすいという心配もあります。
当院では、それらの心配が少なく、また万が一仕上がりが気に入らない場合に元に戻す事も可能な瞼板法をお勧めしています。

埋没法で使用する糸

他のクリニックなどで二重まぶた埋没法に使用される糸の太さは、6-0や7-0のナイロン糸です。この糸は太く糸の結び目が膨らんで目立つなどのデメリットがあります。当院ではさらに細い『医療用8-0ナイロン糸』(髪の毛より細いが頑丈な糸)を使用しています。極細の糸を使用することで目をつぶったときに結び目が目立ちにくく、より自然な二重に仕上がります。

留める糸の数の違い

一般的に埋没法は片目に2点留めて二重を形成しますが、瞼の厚さ・脂肪の量・蒙古ヒダの発達など、一人一人上瞼の状態が異なります。
当院では、ご希望のラインや上瞼の状態により留める糸の数を変えることで、理想の二重に近づけることができます。また、埋没法の留める糸の箇所が多いほど、ラインが滑らかで二重の強度が増し取れにくくなります。

1点固定 2点固定 3点固定 4点固定 5点固定

安心の保証制度

2点固定 1年保証 万が一、保証期間内に二重が取れて一重に戻ってしまった場合、当院医師の診察により無料で施術を受けることができます。
3点固定
4点固定
5点固定 3点保証

医師による二重のシミュレーション

ブジーという細い針金のようなものを瞼に当てることで、二重のシミュレーションを行うことができます。
また、幅を変えながらシミュレーションを行いますので、ご自身の目に合う二重の幅や、理想の二重の形に近づけることができます。

こんな方におすすめ

施術の特徴

無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

施術方法

施術の注意事項

無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

施術の流れ

無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

料金

■二重まぶた
無料メール相談ご予約クリニック案内

ページ先頭へ

よくあるご質問

他院で昔埋没法を受けました。既に糸を外しておりますが、再度埋没法を受ける事は可能でしょうか?
通常可能です。
埋没法手術や糸を除去した腫れがある場合は、引いてからとなります。
埋没法を受けたいと思うのですが年齢によって受けることができない場合はあるのですか?
年齢により手術ができないというのはございません。
上瞼の皮膚のたるみが強い(皮膚の余りが多い)場合は、埋没法では難しい場合があります。皮膚のタルミが多い方は上瞼たるみ取り(たるみ除去+二重)手術をお勧め致します。
埋没法を受けてから何年くらい二重が持続するものなのでしょうか?
瞼の状態により異なります。
目の上の皮膚が厚い、瞼の脂肪の量が多い、極端に幅が広い二重、年齢による皮膚のたるみ…など、糸に負担が加わることで取れてしまうことがあります。
二重にしたいと思っているのですが、埋没法と切開法で迷っています。それぞれのメリットとデメリットは何でしょうか?
■埋没法
<メリット>◎手術時間が短時間◎プチ整形なので簡単に修正できる◎腫れ皮下出血が少ない
<デメリット>◎一重に戻ることがある◎くっきりした二重が難しい
■切開法
<メリット>◎埋没法に比べ二重の力が強い◎瞼の厚い方でもOK◎くっきりした二重にできる
<デメリット>◎幅の変更が難しい◎腫れや皮下出血が出やすい

クリニック情報

ご相談・ご予約

アクセス方法はコチラ>>